本文へ移動
これからゴルフを始めるあなたに
 
  スナッグゴルフは、
  ゴルフの基本を学ぶこと、
  教えることができるスポーツです。
  ゴルフの基本技術を、
「楽しく」「正確に」
  習得できる。

スナッグゴルフ大会情報

第8回香川県スナッグゴルフ交流大会が開催
2023-01-10
NEW
2023年1月9日(月曜日・成人の日)、香川県高松市のりんくうスポーツ公園(香川県高松市香南町岡87−1)にて、第8回香川県スナッグゴルフ交流大会(主催:香川県ジュニアゴルフ振興会 一般社団日本ゴルフツアー機構など協力)が開催されました。
 
香川県に限らず、広島県・岡山県・徳島県などの地域からも参加があり、午前の部は小学生と大人のペア戦と中学生以上の個人で参加できるオープン戦、午後からは小学生の個人戦が開催され、計約60名の参加者で開催された。
この日は1月上旬にしてはかなり暖かく絶好のスナッグゴルフ日和となった。
普段は主にサッカーに使用される人工芝が敷き詰められたコースは、ボールの跳ね具合や転がり具合に独特な感覚があったものの、そこは歴戦のスナッグゴルファーの子供たち。特に午後の個人戦は時折スナッグフラッグが倒れるほどの風も吹きつける中で飛距離の調整もしながら、これまでの練習や大会で培ってきた普段と違った環境に対応していく技術や、動じない精神力を発揮していました。
香川県ジュニアゴルフ振興会として香川県内の小学校にスナッグゴルフを導入・普及しているJ L P G Aの増田能子プロは、
「本来12月に行いたかったものの会場の関係で1月の3連休での開催とはなったが、その中でも他県も含め多くの参加者に集まっていただいて感謝しかないです。」と語り、選手には、日頃の活動を支えてくれている家族や関係者への感謝の気持ちを持ってプレーしましょうと伝え、この大会が最後のスナッグゴルフ大会という6年生の参加者もあり、文字通り今までの活動への感謝が溢れる大会となった。
この日は成人の日の開催ということもあり、大会に出場した選手が成人となった時に、スナッグゴルフ普及に関わっていたり、スナッグゴルフをきっかけにゴルフを楽しんでいる大人に成長していってもらいたい。
 
大会結果 9ホール P A R35 506Y
 
オープン戦
優 勝 篠原 毅 27ストローク
第二位 井上姫花 29ストローク
第三位 井上直美 30ストローク
 
ペア戦
優 勝 岡添泰斗・岡添誉ペア 28ストローク(9番ホールからのカウントバックにより決定)
第二位 空田衣織・空田修ペア 28ストローク
第三位 楠見千夏・楠見尚敬ペア 29ストローク
 
小学生個人戦
低学年の部
優 勝 小林真陽(尾道市立御調中央小学校3年) 31ストローク
第二位 井上真子(吉野町立柿原小学校3年) 36ストローク
第三位 宗政星輝(岡山市立芳明小学校3年) 38ストローク
 
高学年の部
優 勝 空田衣織(東広島市立三ツ城小学校6年) 26ストローク
第二位 歌田龍眞(東広島市立東西条小学校6年) 27ストローク
第三位 西原果凛(尾道市立御調中央小学校5年) 28ストローク
 
ホールインワン
空田衣織 5番ホール17Y


※集合写真撮影時に限り、会話を行わないことを条件にマスクを外しています。
TOPへ戻る